手の甲、掌の骨折~中手骨骨折~

Pocket

こんばんは、畔栁です!

今回のブログは、「中手骨骨折」についてお話しします!

 

中手骨の解剖学

中手骨とは外見上は手の甲、掌の大部分を占める骨で、親指、人差し指、中指、薬指、小指とそれぞれ5本の中手骨があります。

中手骨の中でも場所によって名前がつけられており、手前から中手骨底部中手骨体部中手骨頭部となっています。

 

 

中手骨骨折の分類

中手骨骨折は折れた部分によって4つに分類されます。

①中手骨骨頭部骨折

中手骨の1番上部の骨折になります。

ほとんどが粉砕骨折となり、ほとんどが手術適応となる事が多いです。

中手骨骨折の中でも、1番タチの悪い骨折となっています。

 

②中手骨頸部骨折

中手骨骨頭部と中手骨体部の間の骨折で、力学的にも細くて脆いところになっているため発生頻度は中手骨骨折の中でも多く、特に小指と薬指の発生頻度が高いです。

ボクサーに多く、パンチによって骨折する事が多いため、ボクサー骨折またはパンチ骨折と呼ばれています。

パンチの時の外力と骨間筋または虫様筋の働きによって、手の甲に骨折部が膨隆する背側凸の変形が見られます。

 

③中手骨骨幹部骨折

中手骨骨幹部骨折は、受傷の仕方で横に骨折全部がはいる横骨折と斜めに骨折線が入る斜骨折、回旋の骨折線が入る螺旋骨折に分けられます。

横骨折では手の甲を転んで直接ぶつけた時に起こり、皮膚から骨が飛び出る開放性骨折になる事が多いです。

横骨折では手の甲を直接ぶつけて骨折するため、遠位骨片は掌側にまがり、骨折部が手の甲に飛び出す形となります。

斜骨折または螺旋骨折では回転転移短縮転移が生じます。

中指と薬指深横中手靭帯と言う強靭な靭帯が両側についているため大きな転移は少ないですが、小指と人差し指は深横中手靭帯が片方しかついてないため大きな転移が起こります。

短縮転移は指の機能的には困らないが、回転転移は少しでも残ってしまうとオーバーラッピングフィンガーとなってしまうので、日常生活に大きな支障をきたします。

 

④中手骨基部骨折

中手骨基部骨折は主に親指と小指に発生します。

親指では骨折部位によって、ベネット骨折ローランド骨折骨端線離開などに分けられます。

小指では逆ベネット骨折とも言われ、腱に折れた中手骨が引っ張られて亜脱臼をした状態になります。

親指も小指も可動範囲が大きいので、整復や固定が不十分であると運動障害や運動痛を残します。

 

オーバーラッピングフィンガーとは?

健常な指では、人差し指、中指、薬指、小指を曲げた時に指先が手の真ん中(舟状骨)に向かうのですが、骨に回転転移が残存していると指先が重なるため、これをオーバーラッピングフィンガーと呼びます。

 

栄光接骨院では

エコーを使って骨に異常があるか確認できます。

更にシーネやギブスを使った固定を行う事ができます。

 

岡崎市でボクシングなどで手を痛めたという方は栄光接骨院にご相談下さい!!

 

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師 高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。 現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。