足の裏が痛くなる…朝一歩目がつらい…  足底筋膜炎

Pocket

こんばんは、畔栁です!

今回のブログは「足底筋膜炎・足底腱膜炎」についてです!

皆さんどこかで耳にしたことがあるかもしれない言葉ですが、あまり詳しくわからないと思います。

 

 

足底筋膜炎とは

はじめに、足底筋膜炎足底腱膜炎はなにが違うと思いますか?

……

実は…

とくに大きな違いはなく、炎症の起きている場所が筋なのか腱なのかだけで症状は同じだと思って頂ければ大丈夫です!

 

足底筋膜炎は字のごとく足底筋膜の炎症です。

痛みが出る部位としては一般的に内側縦アーチ部踵骨隆起内側突起です。

また足の指を上に曲げることによって痛みが強くなる方もいます!

足底筋膜内側縦アーチを静的に支え、ランニング・ジャンプなどの際に衝撃吸収と蹴り出しに関与していますが、使いすぎ(オーバーユース)により痛みが出現します。

 

症状

・朝起きた時の1歩目に痛みがでる

・階段の昇降時

・ランニングやジャンプ動作    など

 

原因

・回内足やハイアーチの足

・下腿三頭筋の柔軟性低下

・足内反筋群の疲労や筋力低下

・アーチサポートが不十分で前足部の柔軟性に乏しいランニングシューズの使用

・アップダウン路面の走行   など

 

と言った原因で上記の様な症状が出現します。

 

対処方法

テーピング

①親指の付け根から足の裏を通りかかとの後ろへ

      

②かかとを通したあと小指の付け根へ

(足の裏はテーピングがクロスしてます)

 

 

③最後に土踏まずの辺りを上げる様に貼る

     

今回はわかりやすくテーピングを3枚使用しましたが、①から②は1枚のテーピングでも大丈夫です!

このテーピングなら1人でも出来ますね👍

(テーピングは伸縮性のあるものを使用して下さい)

 

 

 

トレーニング

 

・タオルギャザー

タオルを足の下に敷き、指だけでタオルを手繰り寄せる。

(裸足でやっていただくとやりやすいです!)

  

人間は歩くために必ず足で歩きます。

足底筋膜炎で足の裏が痛くても自らの足で歩かないといけません。

と言うことは、歩くたびに足底筋膜炎で炎症が起きている所を何度も何度も負荷をかけて痛めつけてます。

足底筋膜炎で悩んでる人のなかには長い人だと12ヶ月治らないって人もたまにいます。

テーピングとトレーニングはあくまでも痛みに対するサポートであり根本的な改善ではないです。

 

足の裏が痛いなどの違和感があると言う方は我慢をせず岡崎市の栄光接骨院に来てください!

 

我慢した分だけ凄いのではなく我慢した分だけ治りが遅くなるのでご注意を!

 

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です