スポーツ中、スポーツ後の膝の痛み。無理して動いてないですか?~ランナー膝~

Pocket

こんばんは🌙

今回のブログは「ランナー膝」🏃🏃‍♀️について書きたいと思います!

 

 

ランナー膝とは?

 

 

ランナー膝ってなに?と思われる方が多いと思いますが、ランナー膝とは名前のとおりランニングによる使いすぎによって生じる関節痛にたいする総称的病名のことです。
総称的なので含まれる疾患としては・・・

・疲労骨折
・腸脛靭帯炎
・鵞足滑液包炎
・変形性膝関節症  

などがあげられます。

 

今回は、当院にも悩まれてくることが多い腸脛靭帯炎をピックアップして説明します!

 

 

ランナー膝マラソンランナーに多い疾患になりますが、マラソンランナーだけではなく

・バスケット
・バレー
・自転車競技

など膝の屈伸が多いスポーツに発生する可能性があります。

 

 

症状は?

 

次に腸脛靭帯炎がどんな症状が出るかですが・・・

まず腸脛靭帯自体がなにかわからないと思いますので説明します。

 

 

腸脛靭帯とは骨盤の前から始まる大腿筋膜張筋という筋肉と

 

 

 

 

お尻から始まる大殿筋いう筋肉が

 

 

 

合わさって太ももの外側を通り、
膝関節の少し下まで伸びてくっついている靭帯のことを言います。

 

 

 

この靭帯が膝の曲げ伸ばしするたびに膝関節の外側で擦れることによって膝の外側に痛みを出します。

 

 

 

痛みが強くなってくると太ももの外側まで痛みが出てくることもあります。

初期症状としては運動後に痛みが出て、休めば消失することが多いです。

時間がたてば痛みが消失するので「走っても大丈夫かな?」と思いランニングを続けてしまう人が多いです。

この様な状態でランニングを続けてしまうので、炎症は徐々に強くなっていき、最終的には歩くだけでも痛みがでてしまう程になります。

ここまで悪くなると治りもかなり悪くなってしまいます。

接骨院に来られるかたは大体は悪くなってからです・・・

 

ただ、ランニングしてる人みんながランナー膝になるかと言ったらそうでもないです。

マラソン選手は1日の練習でかなりの距離を走り、かつ毎日となったらかなり脚に負担がでてると思います。

が、同じランナーでも痛みがでる人、でない人ではなにが違うのか、なんらかの原因があります。

 

 

ランナー膝になる原因として考えられるのは

筋の柔軟性低下
ウォーミングアップ、クールダウン不足
骨盤の歪み、O脚
シューズ、インソールが合ってない 

などがあります。

 

筋肉の柔軟性低下ですが、上記で説明した大腿筋膜張筋と大殿筋はもちろん、股関節まわり・太ももの筋肉も硬いと骨盤の歪みの原因になりますので、しっかりストレッチをしましょう!!

 

 

また「痛みが少し気になる。」「自分の骨盤、姿勢はどうなってるの?」と気になる方!!

当院は身体の歪みを診る「ゆがみーる」を使って今の身体の状態を診ることができます。

現状を知って頂くのも とても大切なことだと考えております。

 

歪んでいる骨盤は骨盤矯正で治していきます!

 

また、歪んだ姿勢から緊張している筋肉などがわかります。

そんな緊張した筋肉には電気療法と手技療法を行い、柔らかい良い筋肉にしていきます。

運動しても怪我をしにくい身体に変えていきます!

 

スポーツを頑張っている方で膝周りに違和感のある方は痛みが強く出る前に、栄光接骨院にお越しください!!

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師 高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。 現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。