膝を強打!膝の裏が痛い…大丈夫?~膝PCL損傷~

Pocket

今回は膝の痛み「後十字靭帯損傷」について説明します。

 

 

後十字靭帯とは

後十字靭帯は膝関節内の靭帯で太ももの骨(大腿骨内顆の内壁前方)からすねの骨(脛骨顆部後方)に付着する靭帯です。

 

膝を曲げるときに太ももの骨(大腿骨顆部)の後方移動を誘導するとともに、すねの骨(脛骨)の後方偏位および内旋を制御します。

 

 

 

発生機序

 

バイク事故スポーツ外傷などで膝から転倒し、膝関節を約90°曲げた状態で前方から脛骨粗面部付近に直達外力を受けて受傷する場合が多いです。

乗用車の追突事故では膝屈曲位で膝前下方を打撲して受傷します。(ダッシュボード損傷)

 

 

症状

 

通常、脛骨粗面部付近に打撲による皮膚損傷を認めることがしばしばあります。

 

関節血腫があり、すねの骨(脛骨)に後方ストレスを加えると膝裏に激痛がでます。

膝裏に皮下出血圧痛があるのを見落とさないようにしましょう。

前十字靭帯損傷に比べ膝の機能障害は少ないですが、後方不安定性の大きな例ではスポーツや階段の昇り降りなどで不安定感膝蓋大腿関節痛などの訴えがみられます。

 

 

 

テスト法

 

 

・後方引き出しテスト

患者背臥位で膝関節を90°屈曲位の状態で脛骨近位部を後方へ押します

両手の親指を関節裂隙に置き、大腿骨遠位部と脛骨近位端の位置関係を評価すると、陽性例では脛骨近位端の後方移動が触知されやすいです。

後十字靭帯損傷の急性期では、後方ストレスを加えると膝裏に激痛を訴える場合が多いです。

 

 

 

・脛骨後方落ち込み徴候(サギング徴候)

陳旧性の後十字靭帯損傷では後方ストレスを加えなくても膝関節屈曲位で脛骨近位端が後方に移動していることが多いです。

このため、横から見てみると脛骨粗面がケガしてない方に比べて後方に落ち込んでいるのがわかります。

 

 

 

治療

 

脛骨付着部での裂離骨片を伴う損傷や靭帯付着部での断裂は修復されます

後十字靭帯の単独損傷におけるスポーツ復帰は比較的、予後良好なので大腿四頭筋の訓練を中心とした保存療法を第一選択とします。

後方への落ち込みが著しく、スポーツに支障をきたす場合や日常生活に不自由を生じている陳旧例には靭帯再建を行うことがあります。

 

 

栄光接骨院は痛み自体を抑えることから、スポーツ復帰までのトレーニングなどを指導してサポートさせていただきます‼️

もし今回のブログを読んで、

「あれっ?当てはまる?」

と思った方や、日ごろから

「膝が痛い😰」

という症状のある方は是非一度岡崎市の栄光接骨院へお越しください👍

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師 高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。 現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。