ジャンパー膝、膝蓋靭帯炎など様々な呼ばれ方のある障害~膝蓋腱炎~

Pocket

こんばんは!畔柳です!

 

今回はスポーツ障害として多くみられる膝のお皿(膝蓋骨)に付く靭帯(膝蓋腱)の痛み、膝蓋腱炎についてお話ししたいと思います。

どのようなスポーツに多いの?

膝蓋腱炎膝蓋靭帯炎ジャンパー膝ジャンパーズ・ニーなどとも呼ばれ、バレーボールのようなジャンプ系のスポーツや、急激なストップやターンを行うバスケットボールサッカーラグビーなどのスポーツに多く、逆に陸上競技の短距離や中・長距離の競技には少ないのが特徴です。

 

どこが痛くなる?

痛みは膝蓋骨の下端部の膝蓋腱(膝蓋骨とすねの部分の骨をつなぐ靭帯)が付着する部分に多く(約7割)

次いで多いのが膝蓋骨の上端部の大腿四頭筋腱付着部です(約2割)

膝蓋腱の中央部に痛みが現れることは少ないです(約1割)

ジャンプをする時などの強い膝の曲げ伸ばしによって、力学的にストレスのかかりやすい膝蓋骨と膝蓋腱の付着部で炎症が起きてその部分に痛みが出ます。

 

膝蓋腱炎の症状は?

症状は膝蓋腱の膝蓋骨付着部を押した時の痛み(圧痛)と、膝の曲げ伸ばしをした時の痛み(運動時痛)です。

またその部分が少し腫れる場合もあります。

膝蓋腱炎は損傷や症状の程度により4段階に分けられます。

1段階目は運動後の痛みのみ

2段階目は運動前後で痛みがあるが運動には支障をきたさないもの

3段階目は運動中にも痛みがあり運動に支障をきたすもの

4段階目は腱断裂をきたすものです。

現在どの段階なのか知ることでしっかりとした治療のプランを立てることが可能です。

 

膝蓋腱炎の検査法は?

徒手検査としては、大腿四頭筋の固さ膝蓋腱炎の程度を知るテストとして尻上がり現象があります。

うつぶせの状態で膝を曲げていくと、膝の痛みとともに股関節が曲がってしまいお尻が浮き上がってくる、というものです。

また、栄光接骨院ではエコー検査(超音波検査)を行い患部の内部の状態を見ることによって、より詳しい膝蓋腱の損傷の程度を知ることができます。

栄光接骨院はこのエコー検査装置が設置してある岡崎市でも数少ない接骨院です。

 

膝蓋腱炎の治療法は?

膝蓋腱炎は損傷や症状の程度により4段階に分けられると話ました。

この段階に分けて治療も異なった対応になっていきます。

1段階目では運動に特に制限はしません。練習前のウォーミングアップとストレッチ、練習後のアイシングを徹底させます。

2段階目では運動の量や強度の制限をするとともに、ホットパックや超音波治療器での温熱療法やサポーターなどで部分的に膝蓋腱の圧迫をすることにより治療を促進させます。

3段階目では基本的に運動を全面的に禁止し、上記の治療に専念させます。

4段階目になると保存療法ではなく、手術の適応になっていきます。

 

 

膝蓋腱炎で接骨院にかかる方は2〜3段階目にあることが多いと思われます。

栄光接骨院では、固くなり膝蓋腱に負担をかけている大腿四頭筋に対し、深部にしっかりと電気を伝えることができる特殊な電気治療器の立体動態波治療器を使用し、大腿四頭筋の緊張を緩め治癒を促します。

患部の炎症に対しては超音波治療器を使用して炎症を抑えていきます。

 

栄光接骨院では様々な医療機器を使用して治癒を促し、再発しにくい身体作りや自宅でセルフでできる運動の指導などもしっかり行っています。

スポーツ障害の治療について詳しく知りたい方、患者様の声はこちら!!

膝蓋腱炎などスポーツ傷害でみなさんお気軽にご相談ください(^^)

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師 高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。 現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。