高齢者に多い骨折!大腿骨頸部骨折とは!?

Pocket

こんばんは、畔栁です!

前回まで続けてお話させていただいた、高齢者4大骨折はもう覚えていただけましたか?

 

まだ覚えていない方の為にもう一度確認しましょう!!

高齢者4大骨折とは…

1.上腕骨外科頸骨折

2.脊椎圧迫骨折

3.橈骨遠位端骨折(コーレス骨折)

4.大腿骨頸部骨折

の4つの骨折が高齢者4大骨折と言われています。

1~3の骨折は前回までにお話したので、今日は最後の大腿骨頸部骨折についてお話しします。

 

大腿骨とは??

大腿骨とは、簡単に言うと太ももの骨のことです。

寛骨(骨盤の骨)と関節を作っており、大腿骨が寛骨の寛骨臼にはまるようにして股関節を作っています。

 

大腿骨は、大腿骨頭大腿骨頸部大転子小転子と上から順に部位に名前がついており、

 

大腿骨頸部大腿骨頭から大転子と小転子の間のくびれのある部分であり、約130度傾いており、前捻角は約14度となっていて力学的にも負担がかかりやすい部分になっています。

そのため、骨粗鬆症などの基礎疾患があると更に折れやすくなる部分であり、また高齢者になると前捻角が小さくなる傾向があることから高齢者に多い骨折となっています。

 

骨折型による分類

内転型骨折→大腿骨が折れている場所から、足が内側に向く、内反股のかたちとなります。

外転型骨折→大腿骨が折れている場所から、足が外側に向く、外反股のかたちをなります。

骨折部位による分類

関節包の内側か外側かによる分類で、

大腿骨頸部内側骨折

大腿骨頸部外側骨折

分類される。

 

大腿骨頸部内側骨折

発生機序

大腿骨頸部骨折でも関節包内の骨折で、転んだ際に大転子を直接ぶつける事などによって起こることが多いです。

症状

・機能障害

立ち上がることが不能となるが、外転型骨折に多い噛合骨折では歩行が可能な場合もあります。

しかし、外転型の骨折でも歩行していくのと徐々に骨折部が内側に向かっていき、内転型骨折となった時には歩行が困難となります。

・下肢の短縮

骨折した足の長さ(棘果長)は短くなり、内転型骨折で内転の角度が大きければ大きいほどその度合いは大きくなります。

・骨折後の肢位

骨折した足の股関節は外旋している事が多く、足の指が外側に向いている状態となります。

・腫脹

大腿骨内側骨折では、関節包内の骨折なので血腫は関節包内に溜まるため、腫脹や内出血はわかりやすくは出現しません。

・疼痛、圧痛

股関節周辺のスパルタ三角(粗鼠靭帯、長内転筋、縫工筋)という部位での圧痛がみられ、更にかかとからの軸圧を加えると股関節に激痛が走ります。

 

転倒しても、歩けるから大丈夫だと思っていませんか!?

特に高齢者の方は要注意です!!

ほったらかしにしていたら、もしかしたら大変な事になるかもしれません!

転倒後少しの痛みでも、不安があれば栄光接骨院へ一度お越しください!!

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師 高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。 現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。