高齢者に多い骨折、脊椎圧迫骨折とは!?

Pocket

さて、今回のブログは高齢者に多い4大骨折の1つ、脊椎圧迫骨折についてお話します!!!

 

以前の私のブログはご覧になって下さいましたか?

以前取り上げたコ―レス骨折(橈骨遠位端骨折)上腕骨外科頚骨折の2つは高齢者に多い骨折で、今回取り上げる脊椎圧迫骨折も高齢者に多い骨折となっています。

まだご覧になっていない方はこちら→「コ―レス骨折」「上腕骨外科頚骨折」

 

高齢者4大骨折とは…

 

先ほど紹介した

1.上腕骨外科頸骨折

2.脊椎圧迫骨折

3.橈骨遠位端骨折(コーレス骨折)

の3つに、

4.大腿骨頸部骨折

が加わった4つの骨折が高齢者4大骨折と言われています。

 

 

 

そもそもなぜ高齢者に多い骨折なのか??

高齢者は骨粗鬆症という骨の中身がスカスカになってしまう基礎疾患などが原因で、本当は骨折しないような外力でも骨折してしまうのです。

また、治癒能力が下がっており、骨折をしてしまうと治癒するのに時間がかかります。

そのため、体を動かしずらい時間が増えるので、認知症などの症状が悪化してしまう恐れもあります。

 

脊椎圧迫骨折とは??

脊椎とは一般的な背骨と言われる部位で、転倒や尻もちをついた際に脊椎まで外力が伝わって骨折します。

 

 

また、骨粗鬆症になっていると健康な骨に比べ脆いため、体を前屈した時や捻った時、くしゃみなどの自分の力によっても骨折します。

そのため、いつの間にか骨折とも言われています!!

 

 

脊椎圧迫骨折が起きやすい場所は?

脊椎はズラーッと長く連なっている骨なのですが、折れやすい場所は胸腰椎移行部です。

胸腰椎移行部とは胸椎から腰椎に移行する場所であり、目安は1番下の肋骨で背中から腰に変わるところです。

背中から腰にかわる場所はカーブを描いており、下から突き上げるようにきた外力はここでストップするような感覚で脊椎に力が加わります。

また、胸腰椎移行部は、腰を回す運動などで動きが盛んなどこでもあるので、常に重力に逆らっていて動きが大きければ大きいほど負荷もかかってくるという事です。

 

脊椎圧迫骨折の症状

無症状なものから腰の激しい痛みまで幅広いです。

無症状でも脊椎が潰されている状態のため、体のバランスは崩れ、膝の痛みや骨盤のズレに繋がってきます。

 

栄光接骨院では…

骨粗鬆症などの基礎疾患は対応外ですが、JOYトレという機械を使って、普段鍛えにくいインナーマッスルを寝たまま30分でトレーニングすることができます。

骨自体が姿勢を決めているのではなく、姿勢をきめているのは奥深くにあるインナーマッスルなのです!!

正しい姿勢を常に保つ事によって脊椎圧迫骨折、腰椎、膝の痛みの予防をすることができます。

少しでも、今の姿勢が不安な方!脊椎圧迫骨折になってからでは遅いです!

今からでも遅くはありません!!

栄光接骨院で一緒に予防治療をしていきましょう!!

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師

高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。
現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。

まずはお気軽にご相談ください|岡崎市 栄光整体院

電話予約

ネット予約

愛知県岡崎市 栄光接骨院の受付時間:9:00~12:00、15:30~20:00、休診日:土曜午後、日曜

※土曜日のみ9~12時まで受付
●定休日:日曜日

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29-1
 栄光整体院LINEバナー  
 
 栄光整体院LINEバナー  

栄光整体院へのアクセス

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄光接骨院スタッフ 【所持資格】柔道整復師、はり師、きゅう師 高校時代にバスケットボールに出会い、大学ではバスケットボール部でトレーナーをしていました。 現在も高校のバスケットボール部でトレーナーとコーチングをしています。